「ルドルフとイッパイアッテナ」による「町おこし」のページ













HOME > 6「ルドルフ応援団」について

TOPへ戻る

6.「ルドルフ応援団」について

(1)「ルドルフ応援団」の誕生

ルドルフ応援団の会長 - 中華料理 永楽のご主人 斉藤洋先生と「ルドルフとイッパイアッテナ」を通じて、北小岩の「中華 永楽」の永嶋さんが、ルドルフのお話をみなさんに広め、これを利用した「町づくり」に賛同した仲間が徐々に集まりました。安全で健全な共育環境、安心して暮らせる町づくりを通じて「ルドルフの町」の良さをアピールしていくという理念のもと、「ルドルフ応援団」が誕生しました。

(2)「ルドルフ応援団」のビジョン

・「ルドルフとイッパイアッテナ」を通じて、この町(ルドルフの町)を元気にすること。
・この町に訪れた人、住んでいる人、みんなが笑顔になるまちづくりのお手伝いをすること。

(3)「ルドルフ応援団」誕生秘話

ルドルフ応援団会長
中華料理永楽三代目 永嶋三寛

ルドルフ応援団誕生 最初の一歩は?
それはほんの小さなご縁から

ルドルフ第4巻が発売された翌年 2013年の春頃 中華料理永楽にある母子が訪ねてきました。

男の子は突然大きな元気な声で「ルドルフとイッパイアッテナのお店はここですかぁ!」

永楽店主<えっなぁに???

お母さんに尋ねると「うちの子はルドルフのお話が大好きで、小学校や家でいつもルドルフの本を読んでおり いつかルドとイッパイアッテナが住む町に行ってみたいと!何度もせがまれようやくお休みになったので訪ねて来ました。しかし小岩を色々捜し歩きましたが何も目印もなく町の人に聞いても誰も知らないと言うし困り果てていました。ただ手掛かりは第4巻に中華屋さんが登場していたので老舗の永楽さんならご存知かと想いまして来ました。」

永楽店主<ごめんねぇ たぶん違うと思うよ まったく知らず心当たりがなくてわからないですねぇ

そう答えると、その男の子は今にも泣きそうな顔をして首をうなだれてしょんぼり小さくうずくまってしまいました。
せっかく夢と希望を持って訪ねて来た母子は途方に暮れて 当てもない小岩の町を悲しんでトボトボ帰っていきました。


永楽店主<母子の肩を落とした哀しい後姿が脳裏に焼き付いて忘れることができず 「何かしてあげたい!!」
もし、また訪ねて来た時には色々調べ挙げて今度こそはルドルフの舞台地を案内してあげたい!と心に誓いました。
これがルドルフ応援団の誕生であり最初の第一歩なのです。 2013年春

その後、一心でルドルフの事を片っ端から調べ出し口コミ等でルドルフのお話をお客さんや近所の人へPRをして数年が経ったころ 日テレでルドルフとイッパイアッテナ映画が公開!すぐに観に行き劇中で見覚えのある風景に鳥肌が立ち、そしてスクリーンいっぱいに「北小岩」文字が登場した瞬間思わず「おっ北小岩!」拍手と歓声を上げ周りから笑い声が聞こえましたが気にも留めまず途中からは涙と鼻水を流しながら..
興奮してその夜はワクワクドキドキで眠れなかったこと想いだします()

そんな折 ご縁あって永楽の「たれなし餃子」を取り上げるTVの取材があり打ち合わせを重ねていくうちにルドルフのPRを一生懸命している自分が居ました。ディレクターさんも演者さんも興味を持ってくれましてわざわざ映画館に足を運んでルドルフを鑑賞したところ 「ぼく、思わず感動して涙があふれてきましたぁよ!」「三代目 めちゃめちゃ良かったぁですよ!」とのお返事で急遽、企画を変更してルドルフとイッパイアッテナ特集番組となり 原作者の斉藤洋先生をスペシャルゲストにお迎えして聖地巡礼番組の台本が出来上がりました。 撮影当日、食事と休憩で永楽に立ち寄った際に斉藤先生と僕が談笑する光景を見てディレクターが「これは面白い!永楽さん台本変更して急遽ここで撮影させてください!」
 予定になかった永楽での撮影では、斉藤洋先生との作品への想い対談食レポになり そのオンエアーを見た地元の有志が永楽に尋ねてこられ 2人が4...次第に人数が増え もっと皆さんに知っていただこう!とPR活動がおこり201611月「ルドルフ応援団」は大きく飛躍しました。その勢いと熱意で
20172月には多田区長より許可が下りて江戸川区内で初の映画上映が決まり小岩周辺の保育園、幼稚園、小学校、江戸川区商店街連合会等のご協力を頂いて期間中は連日満員御礼札止めの大盛況。 その後組織が出来上がりました。

エピローグ
聖地巡礼するあの母子のように 北小岩をさまようことが無いように原作の舞台地に案内板等を江戸川区役所にお願いしたのですがすべて断られてしまい
居てもたってもいられず 訪ねてきてくれたあの母子の為にも4ヵ所(上小岩天祖神社、上小岩小学校、千代田通商店街、赤塚ペットクリニック)目印になる「ルドルフとイッパイアッテナ」の石碑を設置し 斉藤洋先生の旧自宅があった上小岩天祖神社境内の自宅跡前に看板を設置させていただきました。


ご縁えにしというものは不思議なもので、あの時に母子に出逢わなければルドルフの事を何も知らずに今も暮らしていたかもしれません。すべてはほんの小さな出来事から みなさまのご縁えにしに感謝! 

(4)「ルドルフ応援団」役員

会 長:「中華料理 永楽」 永嶋三寛
副会長:「石川商店こめ倶楽部」 石川敏邦
財 務:北小会 会長「ミナト洋紙店」 川島章一
総 務:上小岩小学校PTA会長OB「セブンイレブン江戸川店」 田中大作
広 報:上一色小学校PTA会長OB「トリプロ」 鳥海英明
書 記:こやなぎパン工房「月とかえる」 小柳君代

正会員 多数…