「ルドルフとイッパイアッテナ」による「町おこし」のページ













HOME > 4.商店街の活性化に活用しよう

TOPへ戻る

4.「ルドルフとイッパイアッテナ」を商店等の活性化に活用しよう

(1)「町おこし」を前提とした商店での展開

 「ルドルフとイッパイアッテナ」による「町おこし」を意識しつつ、ルドルフたちのキャラクターを利用し、「ルドルフの町」を広める。

 キャラクターを使った のぼり、フラッグ(ミニフラッグ)、石像など、「ルドルフの町」をアピールする展開を図る。(費用がかかる事なので、東京都や江戸川区、葛飾区等の公的補助も検討する必要あり。)

(2)「ルドルフとイッパイアッテナ」を利用した販促活動

 毎年又は毎月に「ルドルフの日」を設定(例えば、毎年2月22日又は毎月22日)し、地域の顧客、さらには展開が進んでくれば、地域外の方々にも「ルドルフの日」が周知され、集客が見込めるような展開を図る。